Topics

貨物鉄道 表紙写真公開

一般書籍

電子書籍

記念(年)誌

三宅雪嶺資料記念館

秋田印刷工房出版部

自費出版

     

自費出版をお受けしています。
電子書籍にしてアマゾンから販売しましょう。
自分史、旅行記、家族の成長記録、趣味の記録、ペットとの思い出、写真集等についてお手伝いいたします。

データベース

     

データベース作業
原稿作成にデータベースを活用しました。

  ご挨拶

あの阪神淡路大震災のあった年にアベル社は創業しました。
以来お得意様に恵まれ今日までやってまいりました。
皆様方には大変お世話になり心より感謝申し上げます。

今回、ホームページをリニューアルする事になり、本棚にある過去の書籍を出来るだけ多くホームページに載せることにしました。
これらの書籍には、一点一点に色々な思い出が詰まっております。
DTPの黎明期?に、パソコン一台で印刷の組版が全て出来てしまうという驚きと共に大変興味が湧き後先を考えず独立してしまいました。

しかし全てを自分一人でやらなければなりません。
自ら組版をしたのですが慣れていないので徹夜をするなど必死で頑張ってなんとか間に合わせた事、 ページメーカー、フォトショップ、イラストレーター等、組版に関係のあるソフトの参考書を手元に置き勉強しながらの仕事でした。
本当にこんな未熟な者に良くもお仕事を出して下さったと涙するほど感謝でいっぱいでした。
仕事も増えてきて一緒にやってくれる社員にも恵まれ今日まで無事にやってこれました。

私は、学校を終えて長野の印刷会社に就職しました。
当時活版印刷が主流で活字、文選、植字、鉛版、紙型など懐かしい響きです。
そこで私は校正係、営業係を担当しました。営業はお使い営業の後、新規開拓の営業で朝から晩まで飛び込み営業をしました。
この時の経験が後の私の人生を決めたのではないかと思うほど多くの事を勉強させていただいた時間でした。
印刷の事はもちろん、人と人との関わりから多くの出会いが生まれました。
私は沢山の良い人々に恵まれそして助けてもらいました。今日のアベル社をここまで導いてくださったのはこれらの方々です。

現在、印刷業は大変な時代に入っております。
より一層の創意工夫をしてお客様のご期待に応えるよう努力してまいります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

2017年1月 水澤秀雄